スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
無題
2012-11-04 Sun 20:23
もしも
目に見える色が白と黒の二色だったら
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<最近ね | _ | さむ>>
この記事のコメント
こんにちは!!^^手紙とかMS-DOSとか黒板を、この記事を読んで思い浮かべました。

私は2週間くらい前の朝5時ころトイレに入ったのですが、真っ暗でした(電灯不調で)。座っていちど目を閉じて開けたら窓からの少しのあかりで、カレンダーやらトイレットペーパーやらが見えました。色の判別までは難しかった気がします。ということを、この記事を読んで思い出しました。

ところで、「目に見える色が白と黒の二色」を「心に感じる好き嫌いが好きと嫌いの2つだけ」に勝手に読み替えて考えてみると、それ以外(すごい好き、とか、微妙とか、今は何も感じないとか、などなど)というくくりが私はほしいと思いました。

なお、私は変態なのですが、色のない世界はちょっと苦しいかもしれません。でも慣れるんだと思います。
2012-11-07 Wed 14:12 | URL | くわがたお #-[ 編集] | top↑
心に感じる好き嫌いが好きと嫌いの2つだけ

たしかに、絶対嫌!大好き!の二つだけって、さみしいですね
でもこれも、日本人ならではなんでしょうかね?
英語だとあいまいな表現はないですし・・・


※私もたぶん変態ですよ、はい
2012-11-08 Thu 22:22 | URL | らにゅ #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| _ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。